今日も頑張りまっしょい

アクセスカウンタ

zoom RSS マンホールと蓋

<<   作成日時 : 2017/08/10 08:09   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 20




散歩途中で足元見たらひょいと気が付いた。

今まで何となく見過ごしていたマンホール。

人が入れる大きさをマンホール(manhole)と言うらしい。

画像











都会では車両などの通行で表面が擦れて、自転車やバイクの

横転が多い、とNHKが報じていたのを思い出した。

さすがここは田舎。雪道でもストップしそうなくらい表面はザラザラ。

これは松山市の花である椿がはっきり見える。
画像












どこの市もこのように市の花や市章入りなんだろう。

1枚でも相当な値段がしそうな感じ。

県外で歩くときは気を付けてみたい。

こんな小さな弁でも松山の市章がついている。

排水弁ってなんや。

調べたら、「水道管内の汚れた水を抜くために用います。」

とあった。
画像













仕切弁もわからない。これも調べたら、

「給水ルートを変えたりする時に水を仕切る弁」とあり、あみだくじ

みたいなものの1つと考えたらよくわかる。
画像













火事の時はすぐ見分けがつくよう、オレンジ色なんだ。納得。
画像













普段見過ごす散歩道でもちょっと気を付けると、こんなに知識が広がった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
マンホールを特集したものがあることを何かの放送で知りました。
その地域でオリジナルのマンホールを作っているようですね。
私は自分の住んでいる地域のマンホールをチェックしたことはないですが,
今度歩いたときには注意して見てみようと思います。
でも,私のウォーキングロードにはマンホールはないんだよな〜。(笑)
おいちゃん
2017/08/10 10:33
こんにちは。
近年、マンホールにも嗜好を凝らした物が多数あるようで、それの写真などを蒐集する人も増えているとか。こういったことにこだわるというのも、日本人的なのでしょうか。
へるぞう 
2017/08/10 12:42
おいちゃん、
舗装道路であればたいてい民家や工場の近くにマンホールや蓋があるはずです。
松山のとどんな違いがあるかを見つけてみてください。
nibari1498
2017/08/10 15:20
へるぞうさん、
趣味の問題じゃないでしょうか。外国にもとんでもないものを集めたり、興味を持つ方もいるようです。
nibari1498
2017/08/10 15:22
こんにちは。
私もほんの少しですが今年の5月の記事で
横浜のマンホールの蓋をあげてみました。
ご存じでしたか?→「日本マンホール蓋学会」があります。
http://sky.geocities.jp/usagigasi1f/
面白いですよ。
小枝
2017/08/10 15:33
マンホール、ハンドホールの蓋には市章が入っていますね、これも行政のアイデンティーですかね。
jisei
2017/08/10 16:48
小枝さん、
「日本マンホール蓋学会」は初耳です。ほー、そんなものが存在するんですか。
残念ながら私はまだマンホール開けたことはありません。町の消火訓練で若者が開けるのをそばで見て、最後に消火ホースの折り畳みは手伝ったくらいです。
後で学会サイトを見てみます。楽しみです。
nibari1498
2017/08/10 17:14
小枝さん、
左側の掲示板に「松山」のがありました。全国各地のがきれいに写真で出ています。
よくお調べになりましたね。
ありがとうございます。
nibari1498
2017/08/10 17:17
jiseiさん、
アイデンティティでしょうね。もし興味がおありなら、小枝さんが教えてくださった
「http://sky.geocities.jp/usagigasi1f/」
がすごい参考になります。
nibari1498
2017/08/10 17:18
上下水道に関係する栓だけでもたくさんあるものですね。私はこのとしになるまで、マンホール以外の栓に気がついたことはありません。
一事が万事で、すべからく不注意や不勉強、無頓着で過ごしてきた証拠であります。
nibari1498さんの日頃の心構えに感服いたしました。
あきさん
2017/08/10 19:42
東京すごいですよ
徒歩1分の中に、何個あることやら。。。
資源の無駄遣いと思っている。
世田谷区は、さぎ草がデザインされています
デパートの近くには、避難用の滑り台を止める蓋もある。
もうヘトヘト
2017/08/10 23:53
この辺りは市が違うとマンホールのデザインも違ってます。
それぞれの市の特徴が出ていて面白いです。
雨の日のマンホールって結構危険ですよね。数年前には横浜かどこかで、大雨のために蓋が吹き上がったこともありましたね。
うずら
2017/08/11 00:27
あきさん、
普段日常で見るものは何気なく見過ごすことが多いですね。
ちょっと関心を持てばどこかに周囲と違う光景や物が存在してるんですが、それに気が付く敏感性(?)などが不断ないと景色の中にとけ混んでしまいますね。
nibari1498
2017/08/11 08:40
へと姉さん、
東京は地下が発達しているからおそらくその数は日本一でしょう。
世田谷区の区花はサギそうですか。
nibari1498
2017/08/11 08:42
うずらさん、
マンホールや弁はそれぞれ市町村の花や紋章が細工されています。
山奥の田舎ではほぼ見かけません。
nibari1498
2017/08/11 08:44
ダムカードならぬマンホールカードがありますよ。
デザインが素敵なふたは、楽しいですね。
南天
2017/08/12 10:20
マンホールのふたなんか意識したこともないので、全くわかりません。
自主防災隊をやってた時に消火栓の蓋だけは気にしたことがあったけど。
haruki
2017/08/12 12:35
南天さん、
TVでマンホールカードを収集している方がいるのが分かりました。
世の中本当にそれぞれですね。
nibari1498
2017/08/12 13:01
harukiさん、
人は意識しない場合、見えても見てないわけです。
誰かに言われて初めて「ああ、そうだっけ」みたいなことが多々ありますよね。
nibari1498
2017/08/12 13:05
先日のTVで、ネットにアップした写真にマンホールが写っていると居住地が限定される情報になる・・・というのをやっておりました。というくらい、各市町村、色々マンホールにも個性があるわけですね〜。
Nyanta
2017/08/12 23:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンホールと蓋 今日も頑張りまっしょい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる