今日も頑張りまっしょい

アクセスカウンタ

zoom RSS 眠る街

<<   作成日時 : 2017/03/26 08:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 14


かっては広島、近畿をつなぎ、また漁港として

栄えた松山の海の玄関口。三津浜港。

今や静かな眠りに入っている。

人影もない完全なシャッター通り。
画像














昔の面影のごく一部をここに見れる。
画像














いわゆる飲み屋さん。看板が残っている。

夜はどうなんだろう。

かっては船員や旅行者などで笑い声が聞こえる

にぎやかな街だったんだろう。

人がいなくなるって・・・人は人と交わってこそ

成り立つはず。

湾内が複雑なので歩いて回る不便さを避けるため

昔から、渡し舟があるが、これだけは今も健在。

対岸から呼び鈴押せば来てくれる。

一人でも渡してくれる。船頭はれきっとした

市の公務員。もちろん、無料。
画像














戦後しばらくはこの港から渡し舟で沖にある

船に乗り換え、呉市へ行ったことを思い出した。

二度と活気の戻らない街…

昼食は娘おすすめの「つけ麺」で「真中(まなか)」。

三津のほぼ南端。
画像











麺は自家製で、量は200gから500gまで

子のみで注文。値段は同一。

胃の調子を考え、並みの300gに。
画像









スープの味は港らしくまっこと魚介類。

ラーメン好きだけど、でも食べ終わるころには

ちょっと鼻についた感じ。

客の多いところからかなり評判の店らしい。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ベルを押すと来てくれる渡し舟、夢のようなシステムですね。のんびりと向こう岸にいく船、なんだか映画になりそうですね。つけ麺もうまそう。
What's up?
2017/03/26 09:09
時代に取り残された港町・・・・といえば簡単ですが、ここまでいたる道のりは住民の方々にとって大変だったと思いますね。
私の故郷の町も同じような道を辿って、今では「死んだような」街に変わり果てています。、子供の頃に町全体が盛り上がっていた「花見」の跡には、朽ちかけた桜の木が数本、寂しげに立っているだけですね。
もう故郷には帰りません・・・帰るところもなくなりました・・・ラーメン屋さんぐらいは残っているかなあ・・・。
あきさん
2017/03/26 11:41
それもこれも本四架橋のせいですかね、本四架橋は1度だけ電車で渡ったことがあるだけです。あの3本の橋、必要だったのでしょうかね、1本あればいいような気もしますが。
jisei
2017/03/26 12:12
jiseiさん、
愛媛と大分にトンネル、四国に新幹線などを知事連中は主張していますが、のどかな四国を保つためそんなものは一切不要です。
nibari1498
2017/03/26 13:32
あきさん、
昨年四国で立ち上げた企業16社のうち11社は本社を東京に移したそうです。まあ地方は枯れていく運命にあるんでしょう。あきらめています。
地方創生大臣、今だれで何をしてるんでしょう。
nibari1498
2017/03/26 13:34
What's upさん、
松山紹介のテレビではこの渡し舟時々出てるようです。ブラタモリの松山訪問では出ませんでした。
今や四国で観光地と言えば高松です。
nibari1498
2017/03/26 13:36
>対岸から呼び鈴押せば来てくれる。
いいじゃない
何分乗っていくらなの
乗り放題か一日パスがあったら何往復もしたい
浜離宮から浅草を桜を見ながら740円なのかな
もうヘトヘト
2017/03/26 23:44
私も呉と三津浜を往復したことがあります。
三津浜と大阪を結ぶ夜行フェリーがあったような。
宇高連絡船が無くなったころに廃止になったのでしょうか?
仁方と堀江を結ぶフェリー仁堀航路も。
便利さって何か?って考えさせられます。
一般人
2017/03/26 23:52
へと姉さん、
渡し舟は無料です。時間はせいぜい2分ぐらい。
nibari1498
2017/03/27 07:59
一般人さん、
仁方と堀江を結ぶフェリー仁堀航路があったころは、今のようにせかせかしない昭和ののどかな時代だったような気がします。「時は金なり」で人心もあわただしくなったような。
松山の南郊はまだのんびりしてます。
nibari1498
2017/03/27 08:01
こんにちは。
ここでは今でも漁港としての機能があるのでしょうか?見たところ、そういった感じではなさそうですね。
岐阜市にも渡し舟がありましたが、確か有料だったような…。
へるぞう 
2017/03/27 12:35
へるぞうさん、
三津の朝市というのが現在でも、松山市中央卸売市場水産市場のイベントとして開催されています。
でもあくまでイベントで、年数回だったような記憶があります。
nibari1498
2017/03/27 12:57
街中のお写真はまるで人が起き出す前の早朝に撮ったかのようです。これが昼間とは寂しいですね。
東京や神奈川でも人口の流出が激しい街はあるようです。新宿から30分の多摩ニュータウンは親世代は残っていても、子世代はもっと都心に近い所に移っていくし新しい住民は増えないしで限界集落化しているようです。
うずら
2017/03/28 01:45
うずらさん、
多摩ニュータウンは都心からほんの少し離れているだけですよね。それでも限界集落または買い物難民、医療難民化してるんでしょうか。もう3世代同居の時代ではなくなってるんですね。
nibari1498
2017/03/28 08:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
眠る街 今日も頑張りまっしょい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる