可愛いラブバード

Love birdといえば英語圏ではすぐ通じるらしい。
日本でも「ラブバード」と言うとペット屋さん
ではすぐ通じた。

昨日たまたま車庫の屋根の雨水を流す排水管を
ホームセンターへ買いに行き、ついでに店の奥に
あるペットショップを覗いた。

娘も「お父さん、もしペット飼うならコザクラ
インコがいい」と言っていた。

実は娘がお朝に頃、小桜インコ、オカメインコ、
ボタンインコを大きな小屋を作って飼っていた。

その写真がどこへ行ったか。
探したら小桜が1枚出てきた。
7-30.jpg

フィルムカメラの時代のもの。
よくなついて手からヒマワリの実をかじっていた。
巣が大きいので雛が孵っていた。

確か小鳥屋さんに小桜インコの雛1羽4000円ぐらい
で売った覚えが。
セキセイインコは飼育数が多く、アルビノ系など
一応いいものだったが、雛1羽をお店が200円で
買い取って、後で見ると1100円で売っていた。

インコ全部で100羽近くいただろう。
私が凝り性な性格だった(?)から。
10年ぐらいして、セキセイインコは近くのテニス場
にある小鳥小屋へ全部引き取っていただいた。

小桜(つがい2種類)、おかめ(6羽)、ルリコシボタン
(つがい2羽)はすべて盗まれた。
盗んだ人が大事に育ててくれるだろうと期待して、
全て諦めそれ以来小鳥は飼わない。

昨日ホームセンターで見たコザクラインコ(雛)の
値段が14万5千円。30年余り前はツガイで1万6千円
程度だったのに。特別な種類だったのか全体が青
ぽかった。

インコは頭がよく飼い主によくなれる。
ただ部屋の中では場所をかまわず落とし物をするが、
それ以上に可愛い。

しかし、上記の値段はちとどうも・・・・・
大型のカゴも入れたら20万超す。
考えものだ。






"可愛いラブバード" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント