伯方島訪問

梅雨の合間を縫って、いまだ訪れたことのない「しまなみ海道」の
四島の最後の場所: 伯方島。
友人の外国人にも示すため、地名をローマ字にしました。
10年前、アメリカ人家族を連れて行った場所が分かる
ようにローマ字使用です。
map.jpg

高速道路「今治」から入って、道の駅で一休み。
この道路ができた頃、出口の表示が分からなくて逆走しかけた
ドライバーが多数いました。私もその一人です。
1.jpg

道の駅の西側にある案内板。
本当なら広島県の尾道じゃなくて広島市に繋げれば、人や車の往来は
もっと賑やかでしょう。半面高速道路がない島々は寂れてしまって
いるはずです。
2.jpg

この「道の駅今治」から見える最大の橋。「多々羅大橋」。
3.jpg
工事中亡くなった作業員が多数います。
右側彼方に見えるのが「大島」。海賊ミュージーアムなどがあり、
この橋は徒歩、自転車、小型原付など通行無料。
サイクリストに高い人気のスポット。


道の駅からやや右側。彼方は今治市。
4.jpg
今治は、タオル、造船、焼き豚卵ご飯、日本食研、噂になった
岡山理科大獣医学部などでまあまあ知られてるかな。
コンパクトシティの見本みたいな町。

伯方島で降りてすぐ見える伯方の道の駅。
建物の正面が入口。すでに数台の自転車。
5.jpg

ここで有名な「塩ソフトクリーム」を家内が勧めるので、
まずは一つと食べてみた。
うーん、並のものとは違う味。ただし、抹茶とかイチゴのような
種類はなく、チョコレートとバニラ風のもののみ。

でも名物だけあって「うまい!」

6.jpg

道の駅から多々羅大橋を望む。海岸もきれい。
普通ならここに多くの海水浴客が来るんだろうな。
しばらく見とれながら、左側に目を移す。
7.jpg

伯方島は「伯方の塩」で四国ではまあまあ名が知られている。
ここには石材に瀬戸名産の鯛の彫り物。
大島や大三島では、石材が豊富で磨き上げて墓石に
よく使われる。
この石細工は伯方にあるからここでも石材が採れるのかな。
8.jpg

伯方島港のすぐ近くにある唯一のラーメン店「さんわ」。
10.jpg
入店は11時50分。すでにほぼ店内はいっぱい。
私たちが出る12時20分ころには並んで待つ客も。
このラーメン、一匙スプーンですくってみると
海鮮の味が舌の中にブワーンと広がる。
でも少し辛め。それを差し引いて80点ぐらいかな。
9.jpg
サイクリスト、シャツネクタイの事務員、作業員、観光客で
店内は埋まっていたが、コロナに心配はしていません。

小さい島なので周遊をする。
島の反対側(北側)から臨む井口島と左側に大三島。
11.jpg

長閑な瀬戸内海にすっかり癒されましたが、高齢で
長距離ドライブはそろそろ限界かなと感じています。
12.jpg

機会があればそれぞれの島でおりて名所観光を楽しめる
しまなみ海道へ「おいでんかなもし」。

"伯方島訪問" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント