卵かけご飯

わが家から東へほぼ3㎞のところに大きな養鶏場がある。
6-21x.jpg

一般の方でも買う人が多く、自動販売機や店内でも対応
していただける。
6-21.jpg

面白い英語の看板。egg dayには恐れ入った。
6-21a.jpg

伊予弁での歓迎の言葉が看板に。
6-21b.jpg

自動販売機は2種類あるが、2番目のは使ったことがない。
もっぱらここで買うか店内に入る。
6-21c.jpg

牛乳も大好きだが、卵も大好き。
今日買って来たのが、
6-21d.jpg


卵は一袋300円。卵に牛乳かけるのは思いもつきません。
そこまでゲテモノ食いではないので。

学生頃、腹が減ると六畳一間の部屋にある電気コンロで
お鍋にご飯を炊く。卵を溶いて醤油を入れ、ついでに鰹節
や缶詰のマグロを混ぜてご飯に注ぐ。そうして空腹を
満たしていた。当時卵は田舎でも貴重品。

今でも卵かけご飯が欲しくなるとこの養鶏場へ出かけ、
新鮮な卵かけご飯を夕食に頂いております。

生卵を食べるのは世界広しと言えども、日本ぐらいかな。
欧米の映画では生卵を割ってそのまま飲み込むシーンを
見た記憶はあるが、生卵を食べるのは文化の一端では
ないようだ。

"卵かけご飯" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント