21年ぶりの再会

21年前兄とその奥さん(日本人妻)を慕って、
トルコから高校卒業したばかりの青年が我が家
から300ほど離れた家にやってきた。

英語は少しわかるが、日本語の知識はゼロ。
彼の兄であるトルコ人はパソコンのプログラマー
の資格があり、トルコよりITの進んだ日本に来て、
市内のIT関連の会社で働いていていた。

青年の名前はメティン。すぐ仲良しになったし、
彼も私を頼ったので手とり足取りの日本語教育を
始めた。分かりにくい場合は英語の両方を。

私の車で姫路、伊方原発など時には泊りを入れて
ドライブに。
すっかり私の息子、弟のような存在に。

その年の夏、トルコへ出かけた。彼の出身は妖精の塔で有名な
カッパドキア。
6-3.jpg

彼の家では盛大にごちそうで応対してくれた。
6-3a.jpg

メティンの母親と姉、そしてその子供。
カッパドキアのギョレメ村には3日滞在。
その後イスタンブールへ。ここは6日間滞在。
もちろんメティンが全て案内役。
写真はトプカプ宮殿で。
6-3b.jpg

その年の秋、彼の兄が新しい仕事を見つけて、
収入が多い東京へ去り、彼もいっしょに。

風の音沙汰に27歳ころ結婚したという話を聞き、
幸せな家庭を築いてるだろうと祈り願っていた。

その彼が突然「会いたい」と電話をよこし、松山を
去ってはじめて兄嫁の家に来訪。半日の滞在。
すっかり要望は40歳の中年男性に変わっていたが、
今のご時世、握手もハグもならず2時間で切り上げて
別れた。

あーつのる話に花が咲いたなー。
21年間私を忘れずにいてくれたメティン、
ありがとう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 36

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

jisei
2020年06月04日 17:00
トルコといえばイスタンブール、なにかアラビアンナイトのイメージしかないです、ヨーロッパなのか中東アジアなのか。
2020年06月04日 18:13
こんにちは♪
>21年間私を忘れずにいてくれたメティン、
うれしいわね♪
私の友達が昨年トルコ旅行をしています。
私も行かなければ。
トルコ・キューバ行きたいところが沢山あります。
nibari1498
2020年06月04日 19:07
jiseiさん、
トルコはEC加盟国の唯一のイスラム教国ですね。
観光地は実に豊富です。
nibari1498
2020年06月04日 19:10
へと姉さん、
ぜひ一度トルコ訪問してください。トルコでは日本人女性すごくもてます。日本人男性に惚れるトルコ女性はまずないでしょうけど。
親日国です。
2020年06月04日 21:45
こんばんは〜。
愛知県にリトルワールドという海外の建物を
移築再現した観光地があるのですけど
その中にトルコからはイスタンブールの街があります。パスポートの要らない旅行でした(笑)
21年も忘れずににいてくれたメティンさん。日本の印象がよほど良いものとして心に
残っていたのでしょうね。
温かな交流にこちらまで胸が熱くなりました。
nibari1498
2020年06月05日 08:02
aliceさん、
若いときに親切にしてもらった人を忘れてない。日本人だけでなくこれは万国共通でしょうね。私も大卒時下宿していた場所の小母さんのご恩は忘れません。
トルコの首都には日本人の名前が付いた大通りや銅像があります。興味があれば調べてみてください。
2020年06月05日 09:10
トルコは親日国と聞いたことがありますが、こんな草の根交流が
より深くするのですね。
トルコも最近は、イランやイラクで難しい立場にありますが
平和に対応して欲しいですね。
2020年06月05日 10:16
nibari1498さんは本当に国際的な付き合いが多いのですね
出会いそのものが国際的ですものね
私には絶対にあり得ないです(笑)
それに旅行もinternational
再会は楽しかったでしょうね
コロナの影響がなければ
もっと再開は楽しかったでしょうね
2020年06月05日 10:41
明治時代に和歌山で難破したトルコの軍艦を助けて以来、
とても親日な国だと聞いています。
困った時に助けてもらえるのは心から感謝するし
忘れられない思い出になりますものね。
このトルコの青年も長い年月音信不通でも受けた恩と
互いの親交をずっと覚えていたのですね。
良いお話が聞けました(^^)
nibari1498
2020年06月05日 12:50
What's upさん、
トルコではなぜか日本人女性が大もてです。
トルコ語の語順は日本語と同じですから、単語を覚えて日本語式に並べればOK です。
イスタンブールの水は生で飲めませんでした。
nibari1498
2020年06月05日 12:53
おいちゃん、
コロナ禍がなければもう少し長い間話せたのにと残念です。彼の帰りの旅も千葉県柏だと片道高速で8時間だそうで、私にはできない運転です。
人生こんな変化があるから楽しいです。
nibari1498
2020年06月05日 13:01
うずらさん、
和歌山県の串本で起きた事故ですね。NHKでこの番組が作られました。
また、トルコとロシアの仲が悪いころ日露戦争で日本が勝つと、一緒に戦勝祝いをしたそうで、記念に首都アンカラに「東郷通り」を造ったようです。
イスラム国には珍しく都会では女性がヒジャブをかぶりません。欧米並みの服装です。