今日も頑張りまっしょい

アクセスカウンタ

zoom RSS 貧弱な才能

<<   作成日時 : 2017/03/22 07:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 18



親譲りのもって生まれた才能は、発達させることが

できるのかどうか。

DNAに刷り込まれた遺伝子は、どうも限界がある

ような気がする。

私の場合、字は「下手糞」である。金釘流に近い。

現職時代に万年筆やボールペンで書いた文字数は

めったやたらと多い。

いくら書いても「きれいね」なんておべんちゃらの

1つももらったことはない。

中学・高校で私より成績の悪い子でも字はきれいな

生徒が多数いた。

習字の清書はうまい子に任せて提出。

先生気が付いただろうが指導の限界を感じてか、

何も言われなかった。見捨てられた。


年金生活でもあるし、暇つぶしにとペン習字帳を

買って、しばらく練習してみたが、とどのつまり

投げ出した。
画像


















理由は、練習帳を離れて書いてみると、元の木阿弥。

今また暇つぶしに1000字詰め原稿用紙に、ローカル新聞の

「地軸」欄の書き写しを今週から始めている。

多分、今月いっぱい持たないだろう!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
字が綺麗な人うらやましいですね。
先日、英語の単語のしりとりゲームがありました。私も書きましたが、結構いい成績でしたが、女性クラブ員が一番でそのアルファベットのきれい。先生が褒めていました。日本語もきれいなんでしょうね。
What's up?
2017/03/22 08:53
What's upさん、
あなたは筆記体が書ける年代の方ですね。習字のほうはどうですか。
ボールペン、万年筆、習字、ともに私はダメです。テレビで見る誰かの直筆、いつもきれいなあと感心しています。
常々思うのですが、医者の字はどちらか言うと下手です。
nibari1498
2017/03/22 09:41
>私の場合、字は「下手糞」である。金釘流に近い。
私の父親は、字が綺麗な人で
この前間違えた橋の名前のブログがあったけど、その元文字()を書いていたのであっちこっちにあります。
無料だから依頼が来たのだと思うけど
その私は。。。
DNAが、傷ついたのかな
もうヘトヘト
2017/03/22 11:09
へと姉さん、
橋名板の文字、無料で?初めて聞きました。それ調べて記録しておいたほうがよさそうの思えるけど。へとさん忙しいから、そんな時間ないかな。もったいない記録ですよ。
nibari1498
2017/03/22 12:40
こんにちは。
私も字が下手なのですが、毛筆であればそこそこ書くことが出来ます。何故かボールペンを使うと駄目になってしまうのですね(笑)。
へるぞう 
2017/03/22 12:58
気持ち玉は同感の気持ち玉です。
実は私も若いころペン習字を通信教育で受けましたがやはり3ヶ月で挫折です。
それでも親は「あんたにしたらよう3ヶ月続いたね〜、この三日坊主が」と褒めてくれました。
その後遺症が変に習ったため一部はそれらしく一部は乱字、汚字とまちまちで「お前の字は上手いか下手か中途半端な字やな〜〜?なんでそんな字になったんや?」なんて言われています。
今はパソコンがあり直筆の字は極力避けてそれで打ちますが今度は確認せずに打つので誤字脱字が多く批判の対象になっています。
お立ち寄りくださり、また嬉しいコメントを頂きありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
ゆらり人
2017/03/22 13:38
私も字が下手です。
小学生の時はお習字を習っていて、そこそこまでいったのですが、
それが普通の字には全く通用しません。
夫にはあっち向いてほいの字だと言われていますが、もう諦めの境地です。
センスなんでしょうか?

前記事の「もがり」
ハエが...という状態になってやっと諦めがつくのかなと、分かる気がします。
すずりん♪
2017/03/22 17:14
へるぞうさん、
毛筆と硬筆違うんですか。両方とも流暢に書ける方がほとんどだったような。
nibari1498
2017/03/22 17:15
ゆらり人さん、
これをご縁にこちらもよろしくお願いします。
誤字脱字は見当たりません。私などキーボードを指2本で打ちます。昔のタイプライターの癖が抜けません。誤字脱字はメールではしょっちゅうです。
気が短くて、読み直しをほぼしません。こんな習癖はつらいです。
nibari1498
2017/03/22 17:18
「60の手習い・・・」とか言いませんでしたかね。
高齢になってから新たに習い事をするのは誰にでもできることではないと思います。nibari1498 さんは強い向上心をお持ちの努力家ですね。
人にはそれぞれ生まれつき得意な分野があると思います。nibari1498 さんは英語(語学)に関して、他の人には真似のできない大きな才能をお持ちだったと思います。
「得手に帆かけて・・・」と申しますが、持って生まれた才能に、更に磨きをかけ続けた結果、今日があるんですよね。
同じように、子供の頃から字が上手な人がいるんですよ。私は子供の頃からそういう人を横目で見ながら、羨ましい気持ちになったものでした。でも、私にだって得意なものがあるんです。ガンと闘って相手を打ち負かす力ですね(微笑)。これは罹ってみてはじめて分かったことですが・・・。
あきさん
2017/03/22 17:20
すずりんさん、
私のような下手な字でも我慢して今の妻は昔読んでくれたみたいです。字をきれいに書こうと思う機会は年一度。年賀状でした。今はパソコン印刷。でも1〜3行は直筆です。
ハエがたかった死体…想像できません。
nibari1498
2017/03/22 17:21
あきさん、
いつもおほめ頂き恐縮です。実はそれほどでもないんですが、ブログでは相手が見えないので粋がってます。すみません。
ガンですか。怖いです。親せきにはそれで亡くなった人も少々います。がんに打ち勝つコツをいつかご伝授ください。私だったら、うちしおれてますます悪化させます。気持ちの持ちようなんて考えれません。入院・手術大嫌い人間なんです。気ままに生きてきた人間です。
nibari1498
2017/03/22 17:28
すばらしいチャレンジ精神。
見習いたいと思います。
私は苦手なことからは逃げてばかりですから。
見て見ないふりをする習慣がついています。(汗)
私も時間だけはたくさんあるので,
チャレンジしようと思えばその対象はたくさんあるんですが…。
重い腰が上がらないのであります。
おいちゃん
2017/03/23 09:32
おいちゃん、
加齢に伴い面倒なことは避ける傾向になりますよ、誰だって。私も以前はしていたけど、今はついついやらなくなったものもたくさんありますが、ホームこたつに座ってTVばかりというのも・・・
最近知ってる方の訃報が多くて、もうそろそろかな、と思ったり。まだまだと思ったりです。
nibari1498
2017/03/23 13:55
ちょっとしたお知らせ文書などは手書きの方が早い〜って書いてしまいますが、お習字は・・。
子どもの頃からじっとして座っているのが苦手で、そのせいもあって苦手意識が。
さらさら〜っと名前などかけたらかっちょえぇですよね!
Nyanta
2017/03/23 15:05
55年前、就職のときまだ定型の履歴書用紙がなかった時代、半紙に毛筆で履歴書を出さなければならないときには街の代書やさんに下書きを書いてもらって写した覚えがあります、ワープロが世に出て救われました。
jisei
2017/03/23 17:03
Nyanta さん、
「かっちょえぇ」というのはどこの地区の方言ですか。ここ松山で使う人はいない言い方です。
メモなどは仕方なくちょいちょいと書きますが、自分だけが判読できる書き方です。
nibari1498
2017/03/23 17:28
jiseiさん、
そういえばそんな履歴書ありましたね。私は書いたことないけど人のを見ました。
やすりのような鉄板の上に油紙のようなものを敷いて、その上へ千枚通しのようなペンで書いて、黒いインクでこすりながら、コピーを使った覚えがあります。
nibari1498
2017/03/23 17:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
貧弱な才能 今日も頑張りまっしょい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる