今日も頑張りまっしょい

アクセスカウンタ

zoom RSS 子どもとしめ縄作り

<<   作成日時 : 2016/12/21 09:03   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 16


20日午後2時から1時間半

地元の小学校でしめ縄作りの指導。

毎年初顔合わせの子供との対面が

楽しい。

今年は9人のグループ。

これはそのうちの3人。
画像














中には不器用なのも、話を聞いてないものも

いる。藁で頭をこつんとやる。

縄の編み方さえできれば、後は簡単だと思ったが、

これに時間を取られすぎた。

他のグループにはさっさと出来上がったのもいて、

指導のまずさを感じた。
画像














14本の藁を2つに分けての本番。

来年は8本にしようと痛感。

指導中は鼻水も出ず、咳は勿論なかったが

皆より早めに退出。

家に帰ったとたん鼻水攻めと相成った。



帰りに頂いたお土産(松山銘菓の一六本舗

詰め合わせ)とメッセージ(写真中央)。

夕食後おいしくいただいた。

画像
















今年の反省をもとに、来年はもっと上手に指導する。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。
タルト以外に、いろいろとあるんですね。
一般人
2016/12/21 16:39
一般人さん、
松山出の銘菓と言えば、一六、畑田(本社は新居浜)、六時屋などがあります。
虎の巻の渡部はかなり衰退しています。
nibari1498
2016/12/21 17:43
写真から熱気が伝わってきます。ご苦労様です。こういう指導があるからこそ日本の良き伝統が残るのですよね。参加の小学生の中から将来の指導者が出てくると思います。
ノンキーハイカーズ
2016/12/21 23:32
いつも訪問させていただいていますが、何故と思われているのでは?
実は私は愛媛県新居浜市の出身なんです。
馴染みのある地名や、場所、時には言葉を懐かしく拝見しています。
新居浜にはハタダのタルトがありますが、
今日の一六本舗も懐かしいもののひとつです。

すずりん♪
2016/12/22 00:10
おはようございます。
風邪気味のところお疲れさまでした。
藁を縄にするのが一番難しいでしょうね。私も器用な方ではありませんから、怒られてばかりでしょう(笑)。
へるぞう
2016/12/22 03:18
緑色のいい藁ですね、誰かが早くから確保してくれてたのですね。
神社の注連縄の場合は、お神酒を吹っかけて藁を打つことからから始めます、細い注連縄も何本も作りますが、鳥居の大きなものは大変です。
気が張ってると風邪も収まってくれてますね。
haruki
2016/12/22 08:39
ノンキーハイカーズ さん、
地元の良さ(伝統や行事)、地名の由来、地理的な位置、歴史などを知らずに育った子供たちはいわば根無し草。故郷のない人間に育ちます。勉強だけでなく、そんなことも指導してほしいです。
nibari1498
2016/12/22 09:56
すずりんさん、
新居浜ですか。松山体と車で50分の距離ですね。今はちょっと今治に押されて、さえない存在になっていますが、早く復活してほしい場所です。観光地も山によりすぎで、さらにおいしくて有名な食べ物がないのが残念です。11号線沿いに有名な食べ物を提供する店が増えればいいけど、無理かなあー。
nibari1498
2016/12/22 10:00
へるぞうさん、
料理ができる方は決して不器用じゃありません。縄を編むのは不器用でもできます。
nibari1498
2016/12/22 10:01
harukiさん、
刈った稲束を日陰に置いておくと長持ちします。芯を取り巻く藁をのけると中から青い芯が出て、これを本番で使います。もち米の藁がいいのですが、これは量が少ないです。店で売ってるのは種類が違うわらです。
さっき耳鼻科から帰りました。
nibari1498
2016/12/22 10:05
子供のころには我流でしめ縄を作ったものです。やはりあれがないと正月になりません、日本のよき伝統ですね。しっかり伝承してください。
jisei
2016/12/22 15:31
jiseiさん、
そうなんですか、jiseiさんも手作りで。私も父が作ってるのをちらちら見ただけで作ることまでしませんでした。覚えたのは退職後です。
この伝統しっかり守りたいです。
nibari1498
2016/12/22 15:40
注連飾りの指導で小学生とふれあえるのはいいですね〜。
たとえうまく作れなくても,
子供にとってはしめ縄作りを体験できたことがいい経験になるでしょうね。
nibari1948さんの反省は来年に生かしていただくとして,
子供にとってこの経験はきっと何かに生きてくることを期待したですね。
おいちゃん
2016/12/22 17:01
おいちゃん、
縄をなうのは子供たちにとって初めての経験。自己紹介の時に「普通の人ができるということは、あなた方全員ができるということ。やってやれないはずがない。やらずにできるはずがない。頑張りましょう」と言いました。
彼らは一生懸命努力している姿がありました。
nibari1498
2016/12/22 18:29
私も習いたい
しめ縄も草鞋も編んでみたい
門松も作ってみたい
いいわね
風邪、大丈夫ですか
お大事に
もうヘトヘト
2016/12/22 22:54
へと姉さん、
門松は私に無理。草履は何とかなるけど、実用的でないからせいぜいお飾り程度かな。
風邪だいぶ良くなりました。孫が来るまでには全治しておかないと。
nibari1498
2016/12/23 08:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
子どもとしめ縄作り 今日も頑張りまっしょい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる